2009年06月22日

「大田泰示」一軍初打席は残念ながら三振

巨人・大田泰示内野手が対ロッテ最終戦(東京ドーム交流戦)の
4−9と5点リードを許して迎えた、九回二死走者2塁の場面で代打プロ初出場。
初打席は豪快な空振り三振に終わった。

内容は一球目、ストレート空振り、
二球目ストレート空振り
三球目ストレート空振り

の三球三振であった。
プロ初打席はどんな選手でも緊張しておもいっきりバットを振れないものだが、大田は豪快なスイングを見せてくれた。

あの有名な長嶋茂雄選手も初戦は4打席4三振デビューだったので、
泰示よ貴重な体験を生かし頑張って欲しい。


posted by bdsdesu at 10:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする